• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

〜そう!全てはヨメのパクチー好きから始まった〜

「そうだ!一度、お腹いっぱいパクチーを食べてみたいから、畑のすみっこでパクチーをつくって」農業をやると決まった時、私は夫にこんなお願いをした。当時の日本(2012年)では、まだパクチーがスーパーに並ぶことはなく、知ってる人も少ない状態だった。

カンボジア旅行中、熱中症になるたびにパクチーを食べては回復、パクチーを食べては回復を繰り返した私は、パクチーこそ私のソウルフードだと思っていた。時は少しさかのぼり2012年5月。結婚後も東京に住んでいた私は、いよいよ地元神戸に戻るため、引っ越し作業に追われていた。そんな中、東京を去る前にどうしても行っておきたい場所があった。それは経堂にあった「パクチーハウス東京」だった。(惜しまれつつ2018年に閉店)

パクチーを心から愛する私は、上京した際「東京にはパクチー専門店があるのか!さすが大都会、東京!」と胸を熱くしたのだった。そして一度訪れパクチーを堪能したのだが、癖の強い食べ物ゆえ、その後なかなか行く仲間をみつけられず、東京を去る前にはなんとしてでも!と思っていた。

引っ越しの数日前、やっと時間がとれて夫と行くことに。店内に入った瞬間、その漂う香りに、そしてパクチーをほうばり恍惚とした表情をする私に、夫はただただ驚愕していた。

店内でオーナーと出会い、東京を去る前に再度訪問したくて来たこと。今後は神戸で農業を始めることなどを話した。ハーブ農家を目指すと伝えると「パクチーが足りていないので、ぜひパクチーをつくって欲しい。無農薬でパクチーができたら購入する」と言われ、思いもよらない展開にびっくり!

まだ作ってもいない自分たちの作物を必要としてくれている、しかもパクチー!

「ぜひ!」と私が言おうとした瞬間
「神戸に帰ったら絶対作ります」

夫は即答しオーナーと熱い握手を交わしていた。そして、パクチーは夏場は栽培が難しいこと、秋蒔きが一番生育が良いので、栽培するなら秋がおすすめであるといったことを教えてもらった。

夫は、農業を始める前には売り先が大切ということも頭の片隅にあっての「ぜひ!」だったが、東京を去る前にパクチーを満喫!という一夜限りの私の願望が、急に未来に繋がり、パクチーをほうばる私の目の前には、黄金ならぬ、緑色の未来が輝いていた。

こうして、オーナーさんの熱い思いを受け取り、パクチーを作るという新たな目標を胸に東京を出発した、もりたんぼであった。

次回「パクチー沼にハマる」
※インスタにて更新お知らせ中、フォローはこちらから!
もりたんぼインスタ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

    • グリモナ
    • 2024年 3月 04日 1:33am

    こんにちは^_^
    パクチー、私も大好きです。パクチーも時期があるんですね。
    カンボジアにも行かれた事あるんですね、凄い‼︎
    他の日記も楽しく読ませていただきました^_^
    最高にドラマチックですね〜😊
    お二人の馴れ初め(出会い、そんな事あるんですね⁈)、東京での暮らし、結婚の事、そして神戸に戻ってきてからの農業スタート、そしてその農業でのご苦労(ほんと、一からの出発だったんですね)
    ご夫婦お二人の農業への思いがとっても伝わる嫁日記ですね😊
    これからも楽しみにしています。

    • グリモナさん

      感想ありがとうございます。
      パクチーお好きなんですね。今でこそよく見かけるようになりましたが、当時は名前もそれほど知られていなく、密かに熱い思いを募らせていました。
      ドラマチックというか「毎回、曲がり角曲がったら知らない道が広がっていた!」ということばかりの10年です。
      これからここに子供や猫が加わってますますパワフルに展開していきます。
      楽しみにしてください!

  1. この記事へのトラックバックはありません。