• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

農業が尊い仕事だから、ではなく…

「農業修行に出ようと思う」夫(当時は結婚前だったので正式には彼)が言い出したのは2011年の1月。

「何で?」「今じゃなくてもいいでしょ」「考え直したら?」

小さいながらも、東京の渋谷でデザイン会社をやっていた彼。
小さいながらも経営も順調にいっていたため、話した人全員から、そう言われたそう。

「いいやん!いい仕事やん!」
そう言った人はたった一人。
私だけ。

「農業は尊い仕事、日本の未来を支える仕事だわ!」

目をキラキラさせながら、そう思ったからではなく…
当時、私はIT系のWEBライターをしていた。

まだiPhoneがSoftbankからしか発売されていない時代。
スマホを持っている人は
「わー最先端だ!かっこいい!見せてー」
と人が集まっていた。

今では考えられないが、まだガラケーが主流だった時代。
もっとスマホを身近に!と
スマホの使い方を紹介するサイトで文章を書いていた。

日々スマホをさわり、スマホの可能性を文章にする。

これまでパソコンがないとできなかったこと
それ以上のことが、手の中でできるよ!
手のひらから世界が見えるよ!
来てるよ、未来、ドラえもん!
テクノロジーすごい!と興奮する毎日。

「ITと農業、テクノロジーと自然
ひとつの家庭の中に両方あるのも、おもしろいやん!」
と軽~く考えて出た
「いいやん!いい仕事やん!」

そして、もうひとつ。
そこからさかのぼること、半年前。

8月の鳥取県の大自然の中に私はいた。
そこで一か月ほど住み込みで働き、自然と共に生きることの素晴らしさ
自然と対話する大切さを身に染みて感じていた。

が、虫大嫌い、夏の暑さに弱い私。
同時に「私には無理だ」と打ちのめされて東京に戻ってきていた。

だからこそ出た「いいやん!いい仕事やん!」
私にはできへんけど
「いいやん!いい仕事やん!」だった。

この言葉の本当の重みをその後、思い知るのだった。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。